退院後1週間訪問

2016年09月26日

あかね医院を退院してから1週間。

助産師がご自宅に伺い、お母さんと赤ちゃんに会いに行きます。
自宅で赤ちゃんと過ごすことの大変さがわかり、
育児に関する具体的な不安が一番出やすい時期が、
退院後1週間から1ヶ月健診の間と言われていますがーん
あかね医院では、退院してから1ヶ月健診までの母乳育児相談は何度でも無料で行っています。
入院中の経過が順調で、豊田市内に変えられる方は、助産師が訪問します。
育児になれるまで、少し時間がかかるからこそ、
丁寧に寄り添っていくことをモットーとしていますひよこ

赤ちゃん、元気にしてた?
助産師も思わずにっこりハート




聴診器をあてて診察中・・・ハート




大きくなってる!
お母さんも助産師も思わず拍手




黄疸はどうかな?
母乳を飲んでいる赤ちゃんは、黄疸のピークが長引くことがあります。
おっぱいをたくさん飲んで、ウンチとオシッコがたくさん出ていれば、
退院後にひどくなることは稀です。




©︎2016akaneclinic
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:00Comments(0)妊娠、出産、子育て

退院の日

2016年09月19日

数日間のあかね医院の入院生活もいよいよ最終日となりました。
退院の日。
赤ちゃんの記念撮影をします。
しっかりカメラ目線キラン
お風呂上がりの赤ちゃんがよく起きている時間を狙って記念撮影しますピース



お母さんと一緒にハート



赤ちゃんのあんよ、かわいいねハート
小さく並んだあんよの写真、新生児ならではの可愛らしさですハートウィンク


お父さんと、おじいちゃんおばあちゃんがお迎えに来ました
赤ちゃんもリラックス
おうちに帰ろうね〜〜家




あかね医院の玄関で記念撮影カメラキラン



気をつけて帰ってね!
小さくても、チャイルドシートはしっかりとつけますよグッド



©2016akaneclinic

  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:00Comments(0)妊娠、出産、子育て

入院中の赤ちゃんの検査

2016年09月12日

入院中に赤ちゃんは色々な検査を受けます。


お耳の聞こえの検査です。
生まれ持っての難聴がないかどうか検査します。
新生児の赤ちゃんは、眠るためのお薬を使うことなく、
寝ている時に検査ができます。



検査はヘッドホンをお耳に当てるだけ。
痛みはありません。
頭にジェルを塗るので、ちょっとだけスースーするかな嵐



検査結果はすぐに出ます




退院の日。
赤ちゃんは先天性代謝異常の検査と
血液型の検査をします。
泣かずに頑張っていますにゃん




黄疸がひどくなっていないか、毎日朝・晩でチェックします。
小さな機械をおでこと胸につけることで黄疸のチェックができます。
黄疸の値が高いと、血液をとって検査することもあります。



出血予防のために、ビタミンKのシロップを飲みます。
あかね医院ではこんなに小さな赤ちゃん用のコップを使って、
みんな上手に飲みます。



©2016 akaneclinic
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:00Comments(0)妊娠、出産、子育て

赤ちゃんの清潔ケア

2016年09月05日

赤ちゃんが生まれたら、昔は産湯と言ってすぐにお風呂に入れていました。
おばあちゃん達の世代の方には常識ですが、
今は少し様子が違います。

あかね医院でも、生まれたばかりの赤ちゃんをすぐにお風呂に入れることはしません。
まずはたっぷりお母さんとスキンシップをします。
体についた羊水は暖かいタオルでしっかり拭き取ります。

清潔ケアが始まるのは赤ちゃんが生まれた次の日から。
体にべったりとついた胎脂は、赤ちゃんの体温が下がりすぎるのを防ぎ、
肌を保護するクリームのような役割があるので、
石鹸ですぐに洗い流すことはしません。


生後1日目の赤ちゃん。


暖かいガーゼハンカチで体の大まかな汚れを落とします。
初めてのことで赤ちゃんもびっくり!?


髪の毛についた汚れは、石鹸とコームで綺麗にしますキラン





体重が増加したら、いよいよ沐浴を開始します。
フェイスタオルに赤ちゃんを包んであげると、
泣かずにおとなしくしていてくれる子が多いです。
気持ち良さそうハート



いい湯だな〜〜〜音符




お母さんの腕にもたれて、背中を洗ってもらいます。
は〜〜〜ハート幸せハート





お臍の消毒キラン
根元までしっかりと拭きます。
お腹がくすぐったいかな?



©2016 akaneclinic
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:00Comments(0)妊娠、出産、子育て

はしか(麻疹)について

2016年09月01日

はしか(麻疹)が日本でも流行の兆しをみせています。
はしかは昔、命定めと言われていて、
抵抗力の弱い子どもの命を奪ってきました。
医療が進んだ現代でも、治療には対処療法しかなく、
また、運よくはしかが治癒したあとも、
亜急性硬化性全脳炎という後遺症を引き起こす可能性があります。
妊娠中の女性がはしかに罹ると、流産早産の確立が上がります。

妊娠中ははしかのワクチンは接種できません。
また、0歳児の赤ちゃんではしかのワクチンをまだ接種できていないお子さんを子育てしているご家族は、
わが子がはしかに罹らないか心配されていることでしょう。
これから妊娠を考えておられる方は、はしかのワクチン接種をお勧めします。
また、妊婦さんのご家族や、はしかワクチン未接種の乳児ちゃんのご家族の方で、
はしかに罹ったことがない、ワクチンを受けたことがあるかどうかわからない方は、
ワクチン接種をお勧めします。
授乳中でもはしかワクチンの接種は可能です。


はしかの初期症状は、風邪によく似ています。
そして、感染力が非常に強いのがはしかの特徴です。
発熱、全身倦怠感、咳などの症状をお持ちの方は、来院前にお電話でご一報ください。
院内には大勢の妊婦さん、赤ちゃんがいます。
ご協力お願いいたします。


JALC(日本ラクテーション・コンサルタント協会)のウェブサイトに、
授乳中のワクチン接種についての情報があります。
ご活用ください。

http://jalc-net.jp/FAQ/ans9.html
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:06Comments(0)

助産師学生の実習が終了しました

2016年08月30日

8月1日から、北九州の西南女学院大助産別科の学生さんが、
1ヶ月間助産実習に来ていました。
1ヶ月間、あかね医院の近くに住み込みで実習しました。

将来助産師として働くために、
あかね医院でも多くの方にご協力を頂きました。
ご協力頂いた方々に心より感謝いたします。



学生さん手作りの資料を使って沐浴指導をしました。





お産を担当させていただいたお母さんと赤ちゃんと一緒に。





赤ちゃんかわいいですね。
ありがとうございました!

©︎2016あかね医院
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 09:05Comments(0)

あかね医院の集いのお知らせ

2016年08月26日

お産の後、病院を退院してからの生活に不安はありませんか?

お友達同士、気心知れた仲間に産後の生活をサポートしてもらう、
「産後シェア」について、
ラヴィドファムの方達にお話ししてもらう予定です。

沢山の方のご参加をお待ちしています!


  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 11:58Comments(0)イベントのご案内

入院生活

2016年08月16日

あかね医院でお産をしたら、
数日間入院します。

のんびりゆったりとしながら、
徐々に育児に慣れていきます。





まるで自分の家にいるように、
お母さんとおしゃべり。
赤ちゃんも声が聞こえるかな。





お産を無事に終えたら、
育児がスタートします。
母乳育児の心配事は遠慮なく声をかけてくださいね。
育児が軌道にのるまでに時間がかかるのは珍しい事ではありません。
私たちは皆さんの育児が軌道にのるまで、
寄り添ってサポートいたします。





赤ちゃん可愛いね。













みんなの優しい手が、赤ちゃんを支えていますよ。
赤ちゃんもこうして社会の一員となっていくのですね。




©2016 akaneclinic  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 16:04Comments(0)妊娠、出産、子育て

あかね医院で帝王切開

2016年08月09日

意外と思われる方もおられるかと思いますが、
あかね医院でも帝王切開があります。











元気な赤ちゃん。
あかね先生も思わずニッコリ。













お母さんと赤ちゃんの体調が良ければ、
手術台の上で早期母児接触をします。
もちろんスタッフが全面的にお手伝いします。














お母さんの処置が終わるまでのひととき。
パパも赤ちゃんを胸に抱っこしてもらいます。
家族っていいですね。















無事に生まれてきてくれてありがとう。
お母さんも赤ちゃんも元気が何よりです。














先生、スタッフと、ご家族と一緒に記念撮影!

©︎2016 akaneclinic  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 19:59Comments(0)妊娠、出産、子育て

あかね医院のお産レポート

2016年08月03日

7月。
一人の可愛い女の子があかね医院で産声をあげました。

逆子がなかなか治らず、お母さんは毎日何度もお灸を頑張っていました。
8ヶ月の終わり頃、赤ちゃんは自分で頭を下に向け、逆子が治りました。

破水から始まったお産は、のんびりゆっくりすすみました。
その間、お母さんはあかね医院の周りをお散歩したり、
マタニティヨガクラスに参加したり、
陶板浴で体をあたためたりしながら
陣痛が強くなるのを待ちました。

いよいよ陣痛が強くなり、お産になりそうです。
四つ這いの姿勢で陣痛の痛みと付き合っていきます。



















痛みと仲良く付き合っていくと、子宮の出口が全部開きます。
赤ちゃんが骨盤の中に入って来て、
骨盤の一番狭いところを出ようと頑張った時。
赤ちゃんの心音が一時的にゆっくりになりました。
赤ちゃんにたくさん酸素をあげるために、
お母さんは酸素マスクをつけました。
姿勢を変えてみると赤ちゃんの心音が回復することがあります。
お母さんは仰向けに姿勢を変えてみました。
とても上手に呼吸されたので、赤ちゃんの心音はしばらくして回復しました。
































お母さんは陣痛のリズムに合わせて、
呼吸を整えながら、
いきみたい時に力を込めて、
赤ちゃんを外の世界に送り出します。

そして…































ももいろの。
ふわふわの。
元気な女の子がお母さんとお父さんのところへ来てくれました!
やっと会えたね。
頑張ったね。
お母さんの声にならない思いが伝わってくるようです。
お父さんもお母さんのからだを後ろからしっかりささえ、
わが子の誕生を見届けました。




















どんなお顔かな?
誰に似てる?



































トクトク・・・トクトク・・・
臍の緒の鼓動を感じます。









































今まで赤ちゃんをここまで大きくしてくれた
胎盤、臍の緒がその役割を終えようとしています。
臍の緒の鼓動が止まったのをお父さんとお母さんが確認します。
今までありがとう、よくがんばったね。




































お父さんが、臍の緒をカットします。
これで赤ちゃんとお母さんが無事に身二つになりました。




































新しい家族が増えました。
これからどんな楽しい出来事を、みんなで分かち合っていくのかな。
とても楽しみです!





































©2016 akaneclinic
  
  • LINEで送る


Posted by あかね医院 at 12:42Comments(0)妊娠、出産、子育て